Menu

【CADってなに?】CADの特徴や区分について紹介!

CADとは?用語の解説や特徴について紹介

CADとは、Computer Aided Designの略称です。コンピューターを用いて設計すること自体や、設計用のソフト・システムのことを示します。

製図をする場合は均一な太さの線を描かなければいけないので、手書きで製図をする場合は慣れるまでが大変です。それがCADを用いれば、コマンドの種類と印刷の設定を覚えるだけで初心者でも容易に均一な太さの線を描けます。

さらに、手作業の場合は線を1本消す時でさえ他の線を消したり紙を痛めないように慎重に行っていましたが、CADはボタンを1つ押すだけで線や文字を消すことができます。また、CADはコンピューターを用いているので作った図面を保存したりコピーを作るのも簡単です。そのため、修正前後のデータを両方残したりWEB上で複数の人がデータを共有して管理することもできます。

CADにはどんな区分があるの?

CADには2次元と3次元、専用と汎用という区分があります。2次元CADは、平面図や立面図などを線や円弧を使って描くものです。操作が割と容易であり、無料ソフトまであります。3次元CADが標準になりつつありますが、一度に複数の人が見られる紙ベースの図面を好む人も多く、今後も2次元CADが消えることはないだろうと言われています。

3次元CADは、直方体や球を使って立体形状を描くものです。立体的な図面であるためすべての角度から形や位置関係を確認できるので、完成体をイメージしやすいです。さらに、3次元CADは立体イメージから2次元への出力が自動計算でできます。導入コストやCADを使うためのパソコンのスペックは高くなりますが、製図で可能になる表現度は高いです。

専用CADは、特定分野での製図を効率的に行うためのものです。それに対して汎用CADは、どの分野でも使える機能を持ったものです。

電気CADを扱う仕事は現代では欠かせない仕事ですので、とても需要が高い傾向にあります。そのため、多くの求人を見つけられます。