Menu

金属加工における化学洗浄処理の目的と重要性とは?

適切な化学洗浄処理とは何か?

生活の中で、金属製の工業製品は欠かせないものです。この工業製品は、切断や溶接など様々な工程を経て生産されています。この工程の中で、金属はさびや酸化被膜の生成など、目に見えないレベルで劣化していきます。具体的には、溶接などの接合加工工程で生じる酸化皮膜や変質した金属層などがそれにあたります。これらの目に見えない劣化層を適切に処理しなければ、その後の工程へ大きな影響が出てしまいます。この適切な処理が、「酸洗処理」と呼ばれる化学洗浄処理です。この酸洗処理には酸洗い、酸浸漬、エッチングと言う工程があり、それぞれ目的が異なります。では、それぞれの違いは一体何なのでしょうか。

酸洗処理3工程それぞれの目的

金属製品の接合加工にはかなり高い熱が伴います。この熱により加工された金属製品には、表面にスケールと呼ばれる酸化皮膜が生成されます。このスケールやサビなどを塩酸や硫酸などの酸性溶液に漬けることで、表面に付着している不純物を洗浄・除去する酸洗処理が、「酸洗い」です。この酸洗いを行わなければ、スケールやサビによる密着不良など、その後の工程に深刻な影響を与えてしまいます。

酸洗いののち、表面の加工処理を行う寸前で「酸浸漬」と言う酸洗処理を行い、短時間で金属表面に生成されたサビや酸化被膜、アルカリ皮膜などを除去し、金属の表面を活性化します。そして金属の加工作業に入り、冷間圧延などの常温加工を行うと、変質層と言う金属表面が材質的に変化したものが生成されます。この変質層を除去する酸洗処理が「エッチング」です。これらの工程により研磨作業の時間と手間を大幅に省くことができるため、酸洗処理は非常に重要な作業工程なのです。

金属製品を熱処理すると表面に酸化被膜が発生します。この酸化被膜を除去するために硫酸や塩酸液に浸して洗浄処理する方法が酸洗いです