Menu

宴会の幹事って何をすればいいの!?準備と本番に分けて解説!

幹事を任されたら、準備を始めよう!

まずは、幹事の仲間を見つけましょう。先輩や同僚を巻き込み、助けてもらいましょう。次に、日程を調整して告知をします。主賓や偉い人の日程をあらかじめ聞いておくと、準備がスムーズに動きます。そして、出欠を確認すると当時に、食べ物のアレルギーを聞きましょう。主賓の食べ物の好みを聞いておくと、お店選びにも使えますね。それらを考慮して、お店を選び、予約を取り付けます。

あなたが行ったことのある店か、下見して利用したお店に決めると、当日も慌てずに済みます。また、決められた伝統のお店があるかどうか、聞いておきましょう。予約の際には、コースと飲み放題を選んでおくことが無難ですし、騒がしくなっても大丈夫なように個室や座敷を選んでおきましょう。どういった予約をしたのか、ということも連絡しておくと、出席者にイメージを持ってもらいやすくなります。お店が決まったら、予算を組み、伝えます。大事なことは、会費です。酔ってしまうと忘れてしまうので、前日まで、あるいは当日でも最初に集めるようにしましょう。最後は、当日の流れをイメージし、挨拶などを依頼しておきましょう。

準備ができたら、本番で立ち回ろう!

当日は、お昼過ぎに出発時間を伝え、出発30分前にも、もう一度伝えておきましょう。幹事は開始30分前に会場に到着していたいものです。そして、前日までにイメージしたタイムスケジュールを確認しておいてください。いざ、出席者がついたら席順に気をつけて、主賓は話しやすい真ん中あたり、上司は奥の席、幹事は出入り口近くに座りましょう。宴会が中盤に差し掛かったら二次会の準備を始めてください。宴会が終わったら、忘れ物を確認し、二次会のお店へ案内しましょう。

大阪の宴会が行えるお店は関西圏では屈指の数です。軒数が多いので、コスパ重視はもちろん、料理やドリンク、雰囲気など内容を重視して選ぶ事も出来ます。